社会保険労務士試験

社会保険労務士試験1週間前から当日にかけて行うべき12のこと

2020/05/31

平成28年の社会保険労務士試験は8月28日に行われます。

試験1週間前から当日にかけて私が行ったことを記したいと思います。

この記事を参考にして、ぜひ合格を勝ち取ってください!!

0814

試験1週間前に必ず下見に行く

下見は必ず行きましょう。

当日道に迷いストレスを感じては試験に影響が出ます。

 

下見は試験当日と同じ時間帯に家を出発しましょう。

何時に家を出て、何時にバス・電車に乗り、試験会場までどの道を歩けばいいかを把握します。

 

そして可能であれば会場内の様子を伺います。

お手洗いの場所なども確認しておきましょう。

 

試験1週間前から試験当日と同じタイムスケジュールで行動する

平成28年度の試験は10時に着席、10時30分から11時50分までが選択式、13時20分から16時50分までが択一式の試験となります。

試験1週間前から試験当日と同じタイムスケジュールで行動しましょう。

試験当日と同じ時間に起き同じ時間に朝食を取ります。

試験当日に家を出る時間になったら、家を出て体を動かします。

そして10時30分になったら選択式の予想問題・過去問題に取り組みましょう。

13時20分からは択一式の問題に取り組みます。

 

試験1週間前からは徹夜勉強・深夜勉強は止める

社会保険労務士試験合格のため、徹夜勉強や深夜勉強を行っている方もいらっしゃるかと思います。

試験1週間前になったら徹夜勉強・深夜勉強は止めましょう。

 

試験が行われる時間帯、10時30分~11時50分、13時20分~16時50分にベストなパフォーマンスを発揮するためです。

 

社会保険労務士試験は1日がかりの試験です。

徹夜勉強・深夜勉強により本番で眠くなり集中力不足になってしまっては元も子もありません。

 

試験前日はあまり勉強をせずコンディションを整える

試験前日はコンディションを整えることに集中しましょう。

気持ちは焦るかもしれませんが、夜遅くまで勉強をしないようにしましょう。

試験当日にベストなコンディションにすることが最重要課題です。

 

試験当日の朝食は消化に良いものを取る

試験当日の朝食は消化に良いものを取りましょう。

脂っこいものを食べると消化吸収にエネルギーを使ってしまい脳の活動が鈍ります。

 

脳のエネルギーはブドウ糖と言われています。

おにぎりやバナナなどを食べてブドウ糖を補給しましょう。

 

試験当日は暑さ・寒さの両方に対応できるような服装で行く

当日の試験会場ではクーラーが効き過ぎていて寒いことがあります。

そのためカーディガンなど羽織れるものを持っていきましょう。

 

試験当日は勉強しない

私は試験当日に勉強しません。

試験本番に使うべきエネルギーを温存するためです。

どうしても気になる箇所がある場合を除いて、試験当日に勉強はしません。

 

リラックス・気分転換ができるアイテムを持っていく

集中力は何が原因で切れてしまうか分かりません。

一度切れてしまった集中力をすぐに取り戻すため、リラックス・気分転換できるアイテムを持っていきましょう。

 

私は漫画を試験会場に持っていきました。

漫画を読むとリフレッシュでき、集中力を取り戻せることを知っていたからです。

 

試験前に周りの人々がテキストを読んでいるときに、私は漫画を読んでいました。

重要なことは試験本番にベストなコンディションで臨むことです。

 

本番で使うべきエネルギーを、本番前の勉強で浪費することは避けるようにします。

私の知り合いの社会保険労務士はアロマオイルを持って行ったそうです。

 

昼食の現地調達はやめる 自宅の近くで買うようにする

昼食をコンビニで買ったり、現地のレストランで取ろうとする方もいらっしゃるかと思います。

これはやめるようにしましょう。

 

社会保険労務士試験には多くの人が参加します。

コンビニやレストランも混雑が予想されます。

欲しい商品が品切れになっている可能性もあります。

 

昼食や飲み物は自宅の近くで準備するようにしましょう。

 

試験中にトイレに行きたくなったら我慢せずに行く

周りの雰囲気を気にして、試験中にトイレを我慢したという声を時々聞きます。

トイレに行きたくなったら試験官に申し出ましょう。

 

繰り返しますが、重要なのは

社会保険労務士試験に合格するためにベストなコンディションを維持することです。

トイレに行くことを気にしている場合ではありません。

 

昼休みに午前中の選択試験の答え合わせはしない

お昼休みの午前中の選択試験の答え合わせをしてはいけません。

結果が気になる気持ちは分かりますが、終わったことです。

 

午後の択一式の試験に合格することに全力を注ぎましょう。

 

昼休みに勉強はしない リフレッシュに努める

私は昼休みに勉強はしませんでした。

漫画を読んでリフレッシュに努めました。

 

午後の試験で使うべきエネルギーを昼休みの勉強で浪費しないようにするためです。

漫画を読み、軽く体操を行って集中力を回復させました。

 

おかげで午後の試験も集中力全開で臨むことができました。

-社会保険労務士試験