事務所方針

全ての人が生命を尊重して生きていく世界を作ろう

 仁-Jin-社会保険労務士事務所は、人事労務・労働社会保険諸法令に関するコンサルティングを通じて、職場環境を改善し、全ての人が「生命を尊重」して生きていける世界を目指しています。

労務トラブル発生のリスクをゼロに近づける

 「従業員から不払い残業代の請求を起こされた」「労働基準監督署から重大な是正報告を受けた」これらの案件に対応することは社会保険労務士の腕の見せ所と言えるかもしれません。

 しかし社会保険労務士にとって一番名誉なことは、関与している企業においてこれらの「労務トラブルが起きない」ことだと私は考えています。

 身をすり減らすような労務トラブルが起きてから対応するのではなく、普段から就業規則などの諸規程を整備し、労使間・社員間のコミュニケーションの向上を通じて職場環境を改善させ、労務トラブルのリスクをゼロに近づけることを私は目指します。

社会保険労務士の資格を持たない職員が、お客様を担当することはありません

 仁-Jin-社会保険労務士事務所では国家試験に合格した社会保険労務士が人事労務・労働社会保険諸法令に関するコンサルティング業務を行います。

 社会保険労務士資格を持たない職員がお客様に対してコンサルティング業務を行うことはございません。

代表メッセージ

CEO

 こんにちは。特定社会保険労務士の北村 仁です。

 働くことは人生の大きな要素の一つですが、それをとりまく環境について、私たちはどれほどの注意を払っているでしょうか。

 近年、いわゆるブラック企業のニュースをよく目にします。これらの企業では長時間労働やサービス残業など様々な労務トラブルが起きているようです。その一方で、経営者が社員の労働環境・家庭生活に気を配り、円満な労使関係を実現させ、社員は安心して自分の力を発揮し社業の発展に貢献している企業もあります。

 これらの企業の差はいったいどこにあるのでしょうか?

 それは製品やサービスの質、コストや利益だけでなく、「人が生きる」という人間の基本ともいうべき問題について考えているか否かの差であると私は思っています。

 今から約2,500年前の哲学者、荘子は「※生命を尊重することのできる人は、たとい富貴の立場にあっても、身を養うものを求めてそのために身命をそこなうようなことはせず、たとい貧賤の立場にあっても、利益を求めてそのために肉体を害するようなことはしない」と述べました。            ※荘子 『荘子』(岩波文庫)金谷治訳、岩波文庫

 現代社会では企業経営や職場環境について身をそこなうほどに悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。

 私は先人の知恵と労働社会保険諸法令に関する知識をもとに労務トラブルのリスクを減らし、経営者と従業員の双方が安心して社業に専念できるよう支援します。


著書・執筆

連載中
理美容教育出版株式会社 月刊サロンオーナー2018年5月号より連載            「社会保険労務士と学ぶ!! サロンオーナーのための労務管理」 
2015年
般社団法人日本義肢協会 関東・東京支部会報 VOL.98~100「会社経営の基礎知識」
2014年
一般社団法人日本義肢協会 関東・東京支部会報 VOL.97「会社経営の基礎知識」

セミナー・講演

2020年
ヘアースタイリッシュクラブ・アグレッ支部 オンラインセミナー
 
2019年
江東区環境衛生協会 自冶指導員及び営業者研修会
東京都理容生活衛生同業組合 江東支部 青年部主催セミナー                        「ついに消費税アップ!どうなる未来?緊急セミナー~100歳まで生きるとしたら、あと何年働けますか?~」

代表プロフィール

2016
仁-Jin-社会保険労務士事務所 創設
2014年
特定社会保険労務士付記 
第9回紛争解決手続代理業務試験 合格
2009年
第41回社会保険労務士試験 合格(その後、神奈川県・東京都の社会保険労務士事務所にて勤務)
2004年
TOEIC公開スコア910取得
法政大学経済学部経済学科 卒業